積み木の家と鍵

防犯カメラで未然に危険を予防│事前の準備がカギとなる

事前の備え

警備員

法人でも個人でも、事前の安全対策はとても大切です。自分たちで色々と行なうことも出来ますが、警備会社に依頼するのも一つの方法です。そこでは巡回や交通整理なども行なってくれるので、イベント時にも役立ちます。

詳しく読む

万が一のためにも

カギ

防犯のために様々なものに対して鍵がついていますが、その鍵に何らかのトラブルが起きると防犯性が下がってしまいます。そのため川崎などにもいる専門業者に依頼して、新しいものに変えておきましょう。

詳しく読む

抑止力を高める

セキュリティカメラ

自宅や会社にいない時間帯に、外部から人が侵入する、何か壊されるなどの被害を受ける可能性があります。ですが予め防犯カメラを設置しておけば、抑止力にもなりますし、何かあった時に証拠が残るので安心です。この防犯カメラには様々な種類があるので、設置場所に応じて適切な形状を選択しましょう。主にボックス型とドーム型が主流になっていますが、それぞれに魅力があります。ボックス型は防犯カメラが設置されていることを相手に分からせ、犯罪を事前に防ぐ効果もありますが、中には防水加工が施されているものもあるので、屋外に置く際にもとても便利です。機能性も高いものが最近では増えているので、屋外に置きたい、抑止力を高めたいのであればボックス型の防犯カメラを選びましょう。

防犯カメラの中でも、ドーム型は目立ちにくいという点が魅力ともなっています。また見た目にも防犯カメラと分かりにくいため、オフィスや飲食店などに設置しても違和感がなく、その場の雰囲気に馴染みます。小型なものがほとんどなので、設置場所に困ることもありません。天井への設置が出来るので、複数の場所に設置したいときにも便利となっています。防犯カメラを設置するときに、出入口にはボックス型、屋内にはドーム型など場所に応じて両方取り付けてもいいかもしれません。いまは防犯カメラを専門的に扱っている業者も多いので、設置したい場所や予算を伝えた上でどれを設置するか決めてもいいでしょう。

契約する前に確認

困る女の人

防犯カメラは、カメラとセンサーなどセット価格で取り付けてもらうことも出来ます。工事費が別になることもあれば、サービス内容が異なることもあるので、事前の比較が必須となります。見積もりを依頼して確認後に正式に契約を結びましょう。

詳しく読む